【クレジットカード現金化】上限はいくら?利用可能な金額&注意点を解説

クレジットカード現金化は、すぐに現金が必要な時に役立つサービス。
いくら必要なのかは人によって違いますが、上限金額がいくらなのかも気になるところ。
では、上限金額、上限金額を増やす方法、注意点なども含めて紹介していきます。

クレジットカード現金化の上限は人によって異なる

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる方法です。
ショッピング枠の上限金額は、カードの種類や人によって大きく違うもの。
上限を知りたいのであれば、自分で確認するしかありません。
大手のクレジットカード現金化業者を利用した場合、ショッピング枠の上限まで現金化することが可能。
30万円、50万円、100万円と上限はカードによって違うのでまずは確認しておきましょう。
ショッピング枠の上限を超えると、現金化をすることができません。
もちろん普段の買い物にもそのカードを使うことができなくなるので、上限金額を調べておくと安心です。

複数枚のクレジットカードを使えば上限をアップさせることも可能

ショッピング枠の上限に達すると、それ以上はクレジットカードを使って現金化をすることはできません。
しかし、別のクレジットカードを使って新たに現金化することはできます。
クレジットカードは1枚ずつ上限金額が決まっています。
「1人の上限金額」ではなく「カード1枚の上限金額」であるため、1人で複数枚のカードを使って現金化することが可能。
現金化に使えるカードの上限枚数は決まっていません。
自分で現金化するにしても業者を利用して現金化するにしても、複数枚のカードを利用することができます。
上限に達してもどうしても現金化したいときは、別のカードを使うようにしましょう。

ショッピング枠の上限自体を増やすこともできる

クレジットカードは、カードごとに上限が決まっています。
しかしこの上限金額はずっと一定というわけではありませんし、上限金額を増やすこともできます。
クレジットカード会社に増枠申請をするだけなので特に難しいことはありません。
来店せずにネットからでも行うことができるので、枠を増やしたい人はHPを確認していましょう。
ただし、増枠申請をしたからといって必ず上限が増えるわけではありません。
カード会社の審査を受けることになり、審査が通れば枠を増やしてもらうことができます。
審査は1~2週間ほどかかるので早めに申請をするようにしましょう。

ショッピング枠上限まで現金化したときの注意点

安全面を考えると、上限まで現金化するということはおすすめできません。
その理由は、カード会社はクレジットカード現金化を認めていないからです。
ショッピング枠の上限まで現金化した場合、カード会社に怪しまれる可能性があります。
最悪の場合、カードの利用停止、残金の一括返済などの措置が取られることも。
また、上限まで現金化に使ってしまうと返済をするときに大変です。
支払いができないとなると問題ですし、大きなトラブルになってしまう可能性があります。
ショッピング枠の上限に達するとカード会社からのチェックも厳しくなります。
いくら現金が必要でも、安全性も考えて利用するようにしましょう。

クレジットカード現金化は上限まで使わない方が無難

クレジットカード現金化は、複数枚のカードを使うことができます。
ショッピング枠の上限も増やすこともできるため、そういう意味では「上限はない」とも言えます。
しかし、上限ギリギリまで現金化するのはリスクが大きいです。
普段の買い物に使うこともできなくなって不便。
無理をすると後で後悔することもあるので、上限までは利用しないようにしておきましょう。